種子法廃止?!!

「あまりマスコミでも問題にされていませんが、来年の春以降、種子法は廃止になります。
こういう大事な日本の農業の、一番の大事な部分である日本の種をもう守らなくてもいいと安倍さんは決めてしまった。

ではその代わりにどうすのか。
外国の大きな企業のモンサントであるとか、そういう遺伝子組み換えの企業の種を買ってきて農業をすればいいと、モミを買ってきてお米を作ればいいと、 そのような考え方を安倍首相は持っています。

遺伝子組み換えの稲、例えばそれは除草剤をかけても枯れない稲であります。
雑草を取らなくていいから便利ではないか、そう思って、そういう稲を始めてゆくと、除草剤を何回撒け、どういうふうに撒け、詳しいことがみんな決められてその通りにやらなくてはいけない、それにサインしなくてはいけないというようなことが明記されて、メーカーの方から求められます。

それに従ってやっていけば、田んぼは除草剤に汚されて、本来の普通の稲が植えられない田んぼになってしまう。

そうなると毎年毎年、高いモミ、高い苗をそのメーカーから、海外のメーカーから買わないとお米作りができない。

そういう形になってしまいます。
日本の農業が海外の企業に牛耳ら れてしまう訳であります。
そして、子供や孫たちは遺伝子組み換えのお米しか食べることができない。そういうことになってしまいます。
日本の食の安全についても、この種子法は海外の企業にまかせてしまおうというそういう考えであります。

日本の農業、そして日本の食の安全、そして日本の種、それを守ってきた種子法を復活させなくてはいけません。

曽我逸郎(そがいつろう)は種子法の復活もしてまいります。よろしくご指導ください。

#曽我逸郎 #長野5区 #モンサント #種子法